ギフテッドの思考法は一般の人には理解できない?

ギフテッドの人は特有の思考法を持っている。 帰納法pdcaサイクルだ。

 

帰納法というのは物事の共通点・法則性・本質などを把握するための思考法で、
pdcaサイクルというのは問題点を改善していく思考法だ。

 

もちろん各企業や会社の中でもこういう思考法を教えてもらったり勉強することもあると思うが、ギフテッドの人は早い人だったら幼少期とか小学生の頃からこの思考法を自ら編み出す。

これらの思考法を元に具現化していけば、大抵の問題は一人で解決することができるようになると思うが、そんな高度なこの二つの思考法を教えてもらった一般の人は、なかなか理解できない。

だからこの二つの思考法を理解して実践するのには時間がかかる。
人によっては出来ない人もいると思う。 いや、むしろできる人は一部で出来ない人がほとんどのような気がする。

 

この二つの思考法に限らず、理解できるできないとか納得できるできないは置いといて、とにかくやったらやっただけ分かっていくとは思うのだが、それもなかなか難しい話だと思う。

 

だから特に仕事なんかでは部下に対してとにかく黙ってやれって言う人がいると思うが、言葉で説明しても分かりにくいから論より証拠っていうことでそういう風に言うのだと思う。

関連タグ

最新記事