幸せの貯金

こんにちは、あきです。

 

皆さんは最近、どんな良い事がありましたか?

どんな素敵な出会いがありましたか?

苦手な人が、笑いかけてくれた! 隣の人が、優しくしてくれた!

そんな些細なことでも、思い出すだけで今日一日、ほっこり幸せな気持ちにしてくれますよね。

 

でも私は薄情なので、きっと明日にはもう、同じ温度感、同じ空気感で この幸せな気持ちを思い出すことができないでしょう。

物心ついた頃には、自分が人よりも感情に継続性がないことに気がついていました。

 

瞬間風速的に、落ち込んだり、喜んだりしても、ある一定の期間が過ぎると事実だけが記憶に残り、感情としては「無」になります。

年齢を重ねて、自分の意思で出来ることが増えて、出会う人が増えて、恋をして…

日常生活における感情が複雑になればなるほど、自分の人間味の無さが際立つように感じられました。

 

正直、マイナスな感情については、引きずらないことでかなり得をしていると思います。

でも、プラスの感情まで無くなってしまうことが、いつからか自分のコンプレックスになりました。

せっかくの相手の優しさを忘れてしまうなんて、すごい冷たい人間だなぁと。

だから、どうにかして自分を冷たい人間にさせないために、幸せな気持ちを風化させずに済む方法を必死に探しました。

そこで辿り着いたのが 「ありがとう日記」 です。

やる事はいたって簡単。 寝る前に、その日一日の感謝を書くだけです。

 

Aさんが、チョコをくれた。 ありがとう!

Bさんが、心配をして声をかけてくれた。 ありがとう! などなど。

本当に些細なことです。

でもそうやって書き連ねていくことで、全く同じ温度感で思い出すことはできなくとも、 相手への感謝の気持ちを、 自分の字を通じて、少しだけ熱を持って思い出せるようになりました。

 

あと、これは予期せぬ効果でしたが

Aさんと関係性がこじれそうになっても、日記を見返して 「前にチョコくれたから大目にみてやるか」 と思えたり(笑)

自分に自信が無くなりそうになったとき、過去に受けた沢山の感謝の記録を読み返して 「こんなに助けてもらって今があるんだから、シャキッとしなきゃ!」 と思えたり。

 

時に人間関係を円滑にしてくれたり、自分の背中を押してくれたりします。

 

ちょっとめんどくさいけど 自分の薄情さで悩んでいる人。

あまり人を好きになれない人。

今より少しだけ幸せ感を味わえること、間違いなしです。 おためしあれ!

関連タグ

最新記事